副業しくじり先生を救った無料教材とは?!

ブックオフせどりが儲からない5つの理由を徹底解説!

コウジ

こんにちは、副業しくじり先生のコウジです。

せどりの定番といえばブックオフ。

店舗数、品ぞろえともに群を抜いていてたしかに稼げそうですが、ブックオフせどりははっきりいって儲からないですよ。

せどらー連中もうざいしもう一度やれと言われても二度とやる気はしません。


この記事を読めばなぜブックオフせどりが儲からないかご理解いただけることでしょう。

せどりを始めたい方、「ブックオフせどりってどうなの?」と思われている方に読んでいただければ幸いです。


ブックオフせどりが儲からない理由

たしかにブックオフは110円から仕入れができますし、情報発信者もこぞってブックオフせどりをすすめているので稼げそうに見えます。

自分でもやってみましたがブックオフせどりは儲からないというのが正直な感想。


それはなぜか?

その理由を5つ解説していきます。


①そもそも本せどりが儲からない

ブックオフせどりの主力といえば本ですが、本せどりは利益率が低い(1割くらい)うえに労力がかかりコスパ最悪です。

数も多いのでリサーチも大変ですし出品までの手間もかかります。


どんな手間がかかるかというと

・値札はがし
・セット本の場合ラッピングを開封して再度ラッピングしないといけない
・シミや水濡れのある本は買いなおさないといけない(セット本の場合)


ブックオフの値札は大きいものと小槌と呼ばれる小さいものがありますが、この小槌がはがれにくく、ところてんといって何枚も貼られていることもザラ。

苦労して値札をはがしてラッピングをほどこし商品写真を撮影、と出品までにこれだけの労力がかかります。


そして本せどらーはほとんどがFBA納品(Amazonのサービスで、お客さんに直接送るのではなくAmazonの倉庫に納品することでAmazonに配送を代行してもらう)です。

このFBAがくせもので、1梱包あたり15kgまでと決められているため大量輸送をしにくい。

となれば当然箱数が増えてFBA納品の送料もかさみ売れ残れば手数料もかかる。

それでいて利益率が1割程度では何のためにやっているのかすらわからないでしょう。


他にも電子書籍の普及や本離れ、活字離れと本せどりが儲からない原因はいくらでもあげられますので、やめるに越したことはないです。


②ライバルが多すぎる

ブックオフせどらーは非常に多く、平日休日問わず見かけます。

店内でスマホをいじっている人がせどりアプリを見ていたり、ビームというバーコードスキャナーを商品にかざしているのが日常の一風景のようになっているありさま。

僕もスーパーセールのときに仕入れに行ったことがありますが、本棚はスカスカですれ違うのも一苦労、レジは15人以上並んでいるという地獄絵図でした。


あれは2019年のことでしたが、コロナショックからの副業ブームもあって情報発信者が煽りに煽り、さらにブックオフに新人せどらーが投下されていくのは想像に難くない。

こんな中に飛び込んでも労多くして益少なしという最悪の事態を招くことは明らか。

…そもそも益があるかどうか。


③商品ジャンルが多い

ブックオフは本だけでなくCDやDVD、家電におもちゃにゲーム…、とにかくジャンルが豊富。

そして店舗ごとに利益の出やすいジャンルが異なっています。

ジャンルごとにノウハウは変わってくるので、商品知識が乏しく一つのジャンルに特化せざるをえない初心者せどらーにはきつい。

商品数も多いのでリサーチのあたりをつけるのも苦労します。


④せどりへの目が厳しくなっている

あなたがブックオフを訪れた客だとして考えてみてください。

せどらーって気持ち悪くないですか?(最近は”せどらー”という言い方も気持ち悪いと思っています)


商品棚にはりついてスマホをポチポチ、それも人目をはばからず。

はっきり言って邪魔ですし、ベタベタ触るわいつまでもどかないわで結局買わないのであれば店舗側にとってもいい迷惑。


僕がスーパーセールに行ったときには店員しか開けられない下の商品棚を平気で開けたり一般客の見ている横から本をさらっていったりとやりたい放題でした。

そうした状況もあってかビーム禁止の店舗も増えていますし、コロナウイルスの影響で立ち読み禁止や滞在時間制限をもうける店舗も出てきてせどらーへの風当たりは強くなる一方。

それでもあなたはビームしますか?


⑤Amazonとの価格差がなくなってきている

ブックオフせどりはほとんどがAmazon販売です。

メルカリで重い本を一件一件送るのはめんどくさいですからね。

でも最近ではブックオフとAmazonとの間に価格差がなくなっています。


僕もブックオフせどりをしていましたが利益がとれるものは薄利か売れ行きが悪い。

売れ行きがいいものはAmazon価格に合わせているかAmazonより少し安い程度しかありませんでした。

ブックオフせどりを教えている人間は現状を見てどう思っているのか聞いてみたい。


まとめ

ブックオフせどりが儲からない原因は

・本せどり自体が儲からない
・ライバルが多すぎる
・商品ジャンルが多すぎる
・せどらーへの締め付けが強くなっている
・Amazonとの価格差がなくなってきている

の5つ。


ブックオフせどりがおすすめというのはあくまでコンサルに誘い込むためのポジショントークでしかないので注意しましょう。

コロナショックもあって副業を始めようという人が増えている今、奴らは新しいカモを探すために目を光らせています。

僕もポジショントークを真に受けてしまった結果、稼げず迷走し結局200万円を失ってしまいました。

僕のようなバカな失敗をしないためにも、失敗しないために必要な知識を身につけましょう。


別の記事で失敗しないための知識について解説していますのであわせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
コウジ
コウジ
ブラック企業を退職後、就職情報を収集している際にネットビジネスに出会い最初に取り組んだトレンドアフィリエイトで14万稼ぐ。その後迷走し情報 商材やコンサルに合わせて200万浪費。現在は失敗した経験をもとに「副業しくじり先生」を名乗り、同じ失敗や遠回りをしないようブログを中心に情報発信を行う。