副業しくじり先生を救った無料教材とは?!

副業で挫折してわかった、挫折する人の6つの特徴を解説します

コウジ

こんにちは、副業しくじり先生のコウジです。

副業で稼ぐためには継続することが不可欠です。

ですが本業もあるのに副業は大変ですしキツいものですから挫折することもあるでしょう。

僕も何度も挫折していますから。

ですがやるからには挫折せずにいきたいものです。


なのでこの記事では挫折からの立ち直りを果たした僕が、挫折する人にありがちな6つの特徴を説明し、挫折を予防する考え方を紹介します。

最後までご覧いただければ挫折せず副業を続ける方法を身につけられるでしょう。


副業で挫折する人の特徴

副業で挫折してしまう人には共通した問題点があります。

僕も2014年から副業でネットビジネスをはじめましたが、これからあげるNG行動やダメな考え方をしてしまい、ロクに稼げなかったどころか200万円を失うというアホな事態になりました。

そんな自分自身の経験から副業で挫折する人の共通点を6つあげましたので、これから副業を始める際には肝に銘じておきましょう。


①自分に合った副業を選べていない

人には向き不向きがあるので、当然副業にも合う合わないがあります。

それを無視して「稼げる」という情報だけをうのみにして始めたところでなかなかうまくいきません。

「稼げるって聞いて始めたけど作業がつまらん」、そう思って集中の糸が切れて挫折につながります。

最初にググるなどして「この副業はこういう作業があってどんな人に向いている」という全体像を把握しましょう。

当ブログにも副業の種類についての記事を用意していますので、興味のある人は読んでみてください。


②期待値が高すぎる

僕は当ブログ内で口をすっぱくして期待値をあげすぎないことの重要性を訴えているので「また期待値の話ね」と思われるかもしれませんが、何度も言うのはそれだけ大事なことだから。

なぜなら僕自身が期待値をあげすぎて何度も挫折したからです。


情報発信者たちは「月収100万円達成!」とか「月収〇万円稼いで脱サラしました!」のような魅力的なうたい文句を並べており、こういう情報に触れていると「自分もこの人たちみたいに稼げるかも」と過度な期待を抱きがちになります。

これこそが落とし穴で実際にやってみて稼げない期間が続くと「思った通りにいかない」と嫌気がさしてやめてしまうのです。


また、期待値が高いと大きな勝負をしかけがちになります。

はじめたばかりで右も左もわからないのに大金を投じたところで稼げないのは明らか。

最初は「当たればもうけもの」くらいでいないと身も心も持ちません。


③稼ぎたい理由が明確でない

副業で挫折するのは稼ぎたい気持ちが弱いからです。

ただぼんやりと「稼ぎたい」としか思っていないと必死になりません。

給料をもらえているうちはそこまで必死になって稼ぐ必要もないですから、忙しいからなどと言い訳してやらなくなる可能性が高いです。

「だから会社を辞めて不退転の決意で始めろ」というのではないのであしからず。


そうではなく、「稼いで〇〇する」「〇〇するのにいくら必要だ」など稼ぐ目的を明確にしてモチベーションを維持していくのが挫折せず継続するうえで大事になってきます。


④一気にやろうとする、習慣化できない

夏休みの宿題を8月31日にまとめてやろうとするのと一緒で、あとでまとめて作業すればいいや、という人は高確率で挫折します

気持ちを瞬時に入れ替えられるのならともかく、やらない日が続くと結局いざとなってもやる気にならないからです。


なにを隠そう僕がそうだったので。

普段やらないとせどりアプリを立ち上げることすらおっくうになってしまうものです。


それを回避するために有効なのが習慣化

毎日少しでもいいので行動すればそれが当たり前になって続けられるようになります。

1日100文字文章を書くとか1日1商品リサーチするなどほんのちょっとしたことでもいいので継続するのが重要です。


⑤隣の芝生は青い

挫折する人は他人のことばかり見がちです。

自分がブログを書いていればブログで稼いでいる人が気になったり、ほかのビジネス(せどりやFXなど)で稼いでいる人が気になるといった具合で。

比べることでモチベーションを高められるならいいですが、「あの人に比べて自分は稼げていない」「あっちのビジネスをやればよかった…」と落ち込むことのほうが多いので要注意。

人は人、自分は自分なので、自分の今している作業を愚直に続けていきましょう。


僕は他人と比べて落ち込んだり、他人が入っているコンサルをうらやましがって目移りした結果稼げず挫折しまくったので、なおさら強調しておきたい。


⑥孤独

挫折する人は「一人で頑張らなければ」と考えてしまいがちです。

その心がけは立派ですがモチベーションを高めあえる仲間がいないとやる気にならず辞めてしまうということはよくあります。

Twitterでは「#ブログ初心者」などのタグをつけて副業仲間をつのっていますので、そういった人をフォローしたりツイートを見てみるのも有効です。

ただ、他人と比べて落ち込んだり副業を忘れてTwitterにのめりこまないようにしましょう。



異常が挫折する人にありがちな特徴です。

では挫折しないためにはどうすればいいか。

それを次の項で解説します。


挫折を避けるためには?

副業での挫折を避けるには以下の3パターンの対処法がありますので、今から順にお話ししていきます。


①楽に稼ぎたいという考えを捨てる

期待値がムダに高いのも、稼げるという情報をうのみにするのも、心のどこかに「楽に稼ぎたい」という気持ちがあるからです。

楽に稼げるものはないと意識を改め、どんなビジネスでも稼げるようになるには半年はかかるものだと肝に銘じましょう。

それしか方法はないです。


②モチベーションを保つ

モチベーション低下は様々な要因がありますが、自分はなぜモチベーションが上がらないかを考えて適当なものを試してみてください。


・稼ぐ目的を明確にする

自分はなぜ副業をしようと思ったのか?、何のためにお金を稼ぎたいのか?を明確にして目標達成への意欲を保ち続けましょう。

できれば、いつまでに稼ぐのかも考えると◎。


・仲間を作る

Twitterで同じ副業をしている人を見つけ、フォローやリプライするなどして交流しましょう。

なぜTwitterが有効かというと、単に人が多いというのと、「〇〇初心者」というタグを使っている人が多くて見つけやすいから。

ブログでは挑戦している過程を公開している人が少ないため、Twitterをおすすめします。


③嫌ならやめる

今やっている副業が自分に合ってない。

そう思ったら思い切ってやめて他を当たるのもアリです。

嫌なことをやり続けても成果は上がらないので合ってないな、つまらないなと感じたらいったん離れてみてもいいと思います。


まとめ

副業で挫折する人にありがちなのは

・自分に合った副業を選べていない
・期待値が高すぎる
・稼ぎたい理由が明確でない
・一気にやろうとする、習慣化できない
・他人と比較して落ち込んだり嫉妬する
・モチベーションを高めあう仲間がいない

の6つ。


とどのつまり挫折する人には起業家としての心構えが足りないという問題点があります。

「副業なのになぜ起業?」と思われるかもしれませんが、会社に頼らずに自分で稼ぐという時点で起業したも同然だからです。

起業家であればすぐ稼げると甘く見たり理由をつけてサボったりコロコロやること変えたりしませんよね。


ではどうしたら起業家としての心構えを持てるかというと、実際に起業した人の教材や音声にふれることをおすすめします。

僕もある教材に触れることで起業家としての心構えの欠如を思い知らされ、これから副業を始める方にその大切さを広めるためブログを始めました。


その教材とはブログ起業コンサルタントのずーみーさんという方の「0から始めるブログ起業セミナー」という無料メルマガです。

ずーみーさんは映像制作で起業したもののうまくいかず、起業について1から学びなおした結果月収50万を達成したという経歴の持ち主で、起業家としての心構えの大切さを熟知しています。

ブログで月収230万円稼いだ経歴もお持ちで、「0から始めるブログ起業の教科書」というブログも運営していて起業に関する記事も豊富です。


そんなずーみーさんは自身のメルマガ「0から始めるブログ起業セミナー」で起業家としての心構えを動画でわかりやすく解説されていますので、副業を始める前に見て学ぶことをおすすめします。

「0から始めるブログ起業セミナー」はメールアドレスを入力するだけで簡単に受け取ることができますので、こちらから受け取ってみてください。

ずーみーさんのメルマガ


受け取る前にずーみーさんがどんな方か、どんなブログを書いているのか参考にしてみたいという方もいると思います。

そこでの僕が特にわかりやすくて参考になると思った記事をご紹介しますので、まずはこちらを参照してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
コウジ
コウジ
ブラック企業を退職後、就職情報を収集している際にネットビジネスに出会い最初に取り組んだトレンドアフィリエイトで14万稼ぐ。その後迷走し情報 商材やコンサルに合わせて200万浪費。現在は失敗した経験をもとに「副業しくじり先生」を名乗り、同じ失敗や遠回りをしないようブログを中心に情報発信を行う。